History

西宣の歴史

西宣の歴史1

ふるさと

西宣のふるさとは福岡県の西部、福岡市。九州地方の行政・経済・交通の中心地として九州最大の人口を有する一方で、日本海をのぞむ豊かな自然を合わせ持ちます。
博多湾に面するこの地域は古来から大陸方面への玄関口として利用され、様々な文化が入り交じる拠点として栄えてきました。

西宣の歴史2

創業者 西本久幸

創業は1972年、創業者西本久幸が興した印刷を行う小さな個人商店にさかのぼります。高度経済成長期の終わりごろ、活気に満ち溢れる福岡の町で、それまで培った印刷の技術をもとに旗の製造会社として商売を拡大していきました。

西宣の歴史3

ミラクルチチの開発

誰でも簡単にのぼりの製作ができる「ミラクルチチ」が誕生したのは、1998年のこと。のぼりをポールに取付けるためのループ状のテープ「チチ」はのぼりを製作する上では欠かせないパーツでしたが、チチの取付けには専用のミシンを必要としていました。住友スリーエム株式会社(現スリーエム ジャパン株式会社)の強力の接着剤と出会った創業者は「誰でも手軽にのぼりの製作ができる」ための商品開発を断行。3年半の試行錯誤を経て「ミラクルチチ」は商品化され、日本で広く普及することとなりました。
その後、デザインの邪魔をしない透明な「ピュアチッチ」や強風が吹いてものぼりが巻き上がらない「ふしぎチチ」等の開発・特許取得を行い、「のぼりの特許といえば西宣」という地位を確立しました。

西宣の歴史4

布を使った空間プロデュース

「日本のデザインの素晴らしさを海外に発信したい」という依頼を受け、福岡から遠く離れたフランスはパリにて、歴史的な建造物の装飾プロジェクトへの参画も経験しました。
繊細な建造物を保護のために釘や接着材が一切使えない中、巨大な柱の太さの違いに着目。ミリ単位で調整できる縫製力によって高さ11mを超える壮大なデコレーションファブリックを制作し、新たなステップへと成長しました。

西宣の歴史5

メイド・イン・ジャパンにこだわったオリジナルグッズ製作開始

中国やアジア諸国への技術流出により元気を失っていた国内繊維産業。倒産する企業も多い中、進退をかけて活路を求めていた西宣は、「印刷も縫製も生地選びもでき、お客様の “ウォンツ”をカタチにするプロトタイプ作り、そして“量産”ができるバックボーンをもっている」という強みを活かした、オリジナルグッズの製作を開始します。